週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

みんなハッピーになろう



「あーすもくればー トゥーモーロー いいこぉとがあーるーはずぅさー」と赤毛の女の子が元気いっぱいに歌うミュージカル「アニー」がありますね。日本でも1986年から毎年公演されている人気のあるミュージカルです。ライブでは一度も見たことが無いので、見てみたいと思っています。そのアニーが2度目の映画化です。今作ではオリジナルを現代風にアレンジしているために、主人公の髪色から違っています。しかし、その分だけオリジナルへのオマージュが多くあって面白いですよ。

ストーリーは「現代風」の部分を除けば、オリジナルと大差ありません。大きく違うとするならば、ハニガンのキャラクターでしょうか。オリジナルでは完全に悪役だったハニガンが『マレフィセント』のようになっています。つまり、悪い人を演じているだけで、もともとは善人だったってことですね。ハニガンは身寄りのない子供たちを引き取ることで得られる収入で生計を立てています。しかし、ハニガンは子供たちを養う気ゼロ。歌手であったときの栄光にすがって、今の生活に対してストレスがたまっています。『スタア誕生』のノーマン・メイン、『ブルージャスミン』のジャスミンことジャネットみたいな感じです。つらいですねぇ。子供たちは「落ちぶれた元歌手」のストレスのはけ口になっていました。つらいですねぇ。そんなときでもアニーは笑顔を絶やさず、賢く立ち回ります。そんなアニーでしたが、大富豪スタックスとの出会いによって彼女の生活は一変します。彼女の生活だけでなく、彼女の周囲の人生までも変わってしまいます。

アニーという少女のおかげで、みんながハッピーになりました。そして映画の最後は『マンマ・ミーア』や『ジャージー・ボーイズ』のように(ほぼ)皆そろって歌い踊ります。ハッピーエンドが好きな人にはオススメの映画です。あと家族で見ると楽しめる映画でもあります。YouTubeで面白く加工された動画であったり、誰が見るんだっていう映画が映画館で公開されていたり、口から食べ物を吐き出したり…。小中学生が見たら喜んで笑うシーンが多くあるからです。ただ、登場人物たちの微妙な心の動き、ミュージカルの醍醐味である歌やダンスを楽しみたいと思っている人には残念ながら向いていないと思います。

それでは良い週末をお過ごしください。


拍手、コメントしてくださると嬉しいです。よろしくお願いします(^O^)

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

かわいい大人たち



10代の時は大人になるのが嫌でした。なぜなら、大人というものに良いイメージがなかったからです。僕が中学生のとき、担任の先生は生徒がみんな同じように行動することを期待していました。もし同じように行動できなかったら、先生が生徒を呼び出して叱ります。一人ひとり違って当たり前なのに、同じように生徒を指導する大人が大嫌いでした。

しかし、『世界中がアイ・ラヴ・ユー』に登場する大人たちはみんな可愛らしくて大好きです。特に離婚をして親友になったジョーとステフィは魅力にあふれています。二人の間に生まれた娘は大きくなり、もうじき結婚を控えています。ステフィは再婚をして新しく家庭を築きましたが、ジョーは独身のままです。

二人はある日、思い出話に花を咲かせてパリのセーヌ川でダンスを踊ります。ほのかに輝くオレンジ色の街灯に照らされながら踊っていると、ステフィの身体がふんわりと空中に浮かび上がります。

恋をしたことのない少女が初めて王子様と踊るシーンはきれいです。しかし、ジョーとステフィはもう愛し合っていないし、今は別々の人生を歩んでいます。人生を長く生きた二人が若い頃を思い出してダンスを踊るというのは何だかとても素敵です。それに現実離れした演出のおかげで、とてもロマンチックです。僕が中学生の時に出会った大人たちも本当はジョーとステフィのような魅力あふれる大人だったのかもしれません。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。