週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

世界八番目の不思議



一昨日、無事卒業式を迎えることができました。今から思うと、充実した楽しい大学生生活でした。来週からは社会人として働かなくてはなりません。映画を好きな時間に好きなだけ見ることができない!映画について考える時間が少なくなる!もう学生でいられないのかと思うと、今から鬱状態です。そんな鬱気分も吹き飛ばす、いや踏み潰してくれるような作品を今日は紹介します。

日本国外には巨大生物がたくさん劇中に登場します。巨大アリ(『放射能X』)、巨大タコ(『水爆と深海の怪物』)、『タランチュラの襲撃』、『極地からの怪物 大カマキリの脅威』などなど枚挙に暇がありません。これらのモンスターは造形から動きまで、かなりリアリティがあります。リアリティはあるのですが、独創性はないです。独創性という点でいえば、同じ巨大生物でも日本の怪獣は素晴らしいですよ。口から放射熱線を放出したり、ぶっとい足で人や街を蹂躙したり、翼の羽ばたきで車が吹き飛んだりするのですから。独創的であり、かつ圧倒的な破壊力を有しています。

そんな独創的な怪獣の元祖が『キング・コング』です。コングはただゴリラを巨大化しただけではありません。日本の怪獣に通ずる独創性と破壊力がきちんと描かれています。ゴジラが何らかの意志をもって東京を焼き払ったように、コングも意志をもって髑髏島(スカル・アイランド)やニューヨークで暴れ回ります。その意志とはゴジラと同様にさまざまに解釈できます。白人ブロンド女性アンに対する恋であったり、白人に虐げられる黒人の怒りであったり…。しかも、このコングの意志を強調し過ぎていない所が1933年版の良いところです。キング・コングは2005年にもリメイクされていますが、2005年版はコングの意志が鬱陶しいほど強調しています。ほぼ人間のようです。しかもコングがアンとの恋を成就させてしまい、コングに対する恐怖が激減してしまっています。その点、1933年版のアンはコングをずっと恐れ、叫び続けているので、コングが恐ろしい怪獣であることが強調されています。それに、愛するアンのために、ブロントサウルスや翼竜と闘ったのに、最後までアンの寵愛を受けないというのも悲しくてカッコ良い!

そして技術面の話を少しだけすると、実はこのコングは人形で出来ています。最近だとティム・バートンの『フランケンウィニー』のように、人形を少しずつ動かして、人間が動いているように見せるストップモーション・アニメという技術を用いています。この技術はウィリス・オブライエンによって発展し、『ロスト・ワールド』そして『キング・コング』と使われました。ストップモーション・アニメが生まれて間もないころの作品なのに、コングの動きは自然で、人間と同じ画面に映っていても違和感がありません。画面は白黒ではありますが、技術の未熟さを感じさせないウィリス・オブライエンの技術、素晴らしい!モンスターの多いアメリカで、オリジナル作品では恐らく唯一の怪獣キング・コングを堪能してください。

それでは良い週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

頑張れ、ゴジラ!!



僕は平成生まれですが、平成ゴジラシリーズは全13作品中の6本しか見ていません。対する、昭和ゴジラシリーズ(全15作品)はすべて見ています。どちらのシリーズも面白いですが、僕は試行錯誤の跡が見える昭和ゴジラシリーズが好きです。

昭和ゴジラシリーズは初代『ゴジラ』を除けば、ゴジラが自分の意志で人間を襲うことがありません。人類の敵からヒーローになるからです。ゴジラは人間を守るために、怪獣と闘ってくれます(いわゆる怪獣プロレス)。しかし、ゴジラの対戦相手のほとんどは人類の敵というほど人間を殺したりはしないのです。白は黒が濃ければ濃いほど、その白さが際立ちます。ゴジラという善は凶暴な敵怪獣という悪によって際立つのです。『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』のように、一郎くんの夢の中で怪獣たちが髑髏島ならぬ怪獣島で牧歌的な戦いを繰り広げるだけでは、僕としては「頑張れ、ゴジラ!!」となりません。

しかし、『ゴジラ対ヘドラ』においてはそうではありません。そもそも、ヘドラとはドロドロのヘドロから生まれた公害怪獣です。今までの怪獣は生き物でしたが、ヘドラはヘドロの塊。家の近くの溝に漂うヘドロが生き物のように歩いたりしたら、気持ちが悪いですよね。ゴジラはヘドラをつかんでブンブン振り回すと、ヘドラの体の一部であるヘドロが飛び散ります。飛び散ったヘドロは勝手に動き、部屋にいた男たちを生き埋めにしてしまいます。この場面はかなりショッキングです。その後も、ヘドラは人間を殺しまくります。まだまだ見たことのある怪獣作品は少ないですが、こんな気持ち悪くて、恐ろしい怪獣は今まで見たことがありません。夜中に見たのですが、観おわった後は布団の中で寒さと恐怖でブルブル震えてました。僕が初めて「頑張れ、ゴジラ!!絶対に倒してくれ」と思えた昭和ゴジラです。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

日本に覆いかぶさる脅威



明日はアメリカ製ゴジラの公開日。僕はもう前売り券を買っておいたので、あとは見るだけです。もうすでに見たという方の評価も高く、予告編を見てもゴジラの迫力が十分伝わってくるので期待しています。

僕のゴジラとの出会いは大学の講義で見た『ゴジラ』(1954)です。そのときは『原子怪獣現わる』のリドザウルスとゴジラの登場シーンを比較するために見ました。

『原子怪獣現わる』の方はストップ・モーション・アニメーションで怪獣が動いています。まだ技術が発展していないので、怪獣の動きがカクカクしていて可愛いです。『ゴジラ』の方は着ぐるみの怪獣です。着ぐるみなので動きは当然なめらか。それで山の頂からひょっこり頭を出してンギャアと叫ぶのが怖いです。リドザウルスとゴジラの登場は似ているのに比較にならないくらい、ゴジラの方が怖かったです。

5分間くらいの映像で『ゴジラ』を気に入った僕は先生からDVDを借りました。伊福部さんの緊迫感あるオープニング曲、絶対的な強さをもつゴジラ、燃えつくされる東京の街、炎の中にいる母と子。水爆大怪獣という名にふさわしい、東京を未知の恐怖で覆い尽くしたゴジラに鳥肌が立ちました。

明日公開の『GODZILLA ゴジラ』は『ゴジラ』に敬意を払って作ったようです。『ゴジラ』の恐怖が、あるいはそれを超える恐怖を味わうことが出来るのか。今から待ち遠しくて仕方がありません。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。