週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

モンスターと人の距離



1950年代ハリウッドが制作した巨大モンスター映画は違和感だらけです。『水爆と深海の怪物』ではタコの足から誰も逃げようともせず下敷きになるのが疑問になるほどに、タコの動きがゆっくりです。

今回紹介する『極地からの怪物 大カマキリの脅威』の巨大カマキリも動きにスピードがまったくありません。ハリウッドでは着ぐるみではなく人形をコマ撮りしてモンスターを動かしているので、スピード感がないモンスターが多くなります。まだまだ技術が発展していなかったので仕方がありません。

『極地からの怪物 大カマキリの脅威』はスピード感が出せない代わりに、臨場感があります。臨場感とは今にもモンスターが人に襲いかかってきそうな感じがすることです。臨場感を演出するためには人とモンスターとの距離間が当然明確でないといけません。タコがどこにいるのか分からないような『怪物の花嫁』はダメってことです。

『極地からの怪物 大カマキリの脅威』はカマキリと人が同じ画面に映っていなくても、ドラム缶や物干し竿を使ってモンスターと人の距離が分かるようになっています。襲われる人の近くに置いてあった小道具がカマキリの場面になって映っていると、カマキリが着実に近づいているのが分かって怖くなります。

この時期のハリウッド製巨大モンスター映画はうまく出来ない所は他の部分で補って、巨大モンスターが実際にいるかのような演出を一生懸命に考えた跡が見えるので面白いです。

それでは良い週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

史上最低の怪物



『GODZILLA ゴジラ』面白かったです。ゴジラの格好よさを平成ガメラシリーズや『大アマゾンの半魚人』、『大怪獣バラン』などと比較しようと思ったのですが、やめました。

ここでは史上最低と称賛する人も多いエド・ウッド監督の『怪物の花嫁』を紹介したいと思います。エド・ウッドと聞くとジョニー・デップ主演の『エド・ウッド』を思い出す方もいるのではないでしょうか。映画を作ることが大好きで、作ることが出来ればそれで良いという映画監督です。それは『怪物の花嫁』を見るとよく分かります。

『怪物の花嫁』の見所は巨大タコが人を襲うシーンです。巨大といっても人間大サイズで、『水爆と深海の怪物』 (1955)のタコの大きさとは比べ物になりません。大きさだけでなく、動きの面でも『水爆と深海の怪物』に負けています。『水爆と深海の怪物』はクネクネと自由自在に動きますが、『怪物の花嫁』のタコの足はまったく動きません。動いたとしても数本で、上に持ち上がるのみです。

『水爆と深海の怪物』のタコを創り、動かしたのはSFXの巨匠ハリーハウゼンです。ハリーハウゼンは『原子怪獣現わる』のリドザウルスや『シンドバッド黄金の航海』の6本腕のカーリー像を手がけています。そんな巨匠と比較してしまったのは申し訳ないですが、もっと怪物に愛情をもって欲しかったです。

現在公開している『GODZILLA ゴジラ』は怪獣に対する愛にあふれた映画です。ゴジラの設定に不満な点はありましたが、素晴らしい造形と動きを見ることが出来ますよ。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。