週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

チャーミングなサスペンス



『シャレード』を観る前にオードリー・ヘップバーン主演の作品を4本(『ローマの休日』、『麗しのサブリナ』、『ティファニーで朝食を』、『マイ・フェア・レディ』)観ました。どの作品も良いとは思いますが、面白いとは思いません。

でも、『シャレード』は最初から最後まで面白かったです。おそらく相手役のケーリー・グラントが良かったのだと思います。彼はこの時58歳です。渋い良い顔をしているのに、スーツを着たままシャワーを浴びたり、変顔をしたりします。普通ならイタくなってしまうのに、ケーリー・グラントがやると全然イタくない。とてもチャーミングで笑ってしまいます。

しかし映画の魅力はケーリー・グラントのシャワーシーンだけではありません。サスペンス映画としてもよく出来ています。オードリーが演じるのは夫を不慮の事故で失った女です。夫の葬儀に現れた不審な男3人は夫の財産のありかを彼女から聞き出そうとしますが、彼女は知りません。そこへ面識のない、しかも名前をコロコロ変える味方のような男が現れます。亡くなった夫の財産はどこへ行ってしまったのか。名前を変える男は味方なのか敵なのか。ハラハラすること間違いなしです。

ハラハラもしますが、チャーミングなシーン満載なので、ロマンスは好きだけどサスペンスは苦手という人にもお勧めです。

それでは良い週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

なぜ母親を殺したのか



映画の主人公キャリーは学校でいじめを受けている女子高校生です。血の繋がっている唯一の母親は聖書を手にキャリーを迫害します。どこにも居場所がありません。かなり悲惨です。そんなキャリーは超能力を使って母親の身体を包丁などで7か所も突き刺します。なぜ、そんな残虐なことをしたのでしょう。

まずキャリーの母親は聖書の通りに生きようとするコワイ人です。キャリーを罰するときに、母親は偶像のある部屋にキャリーを閉じ込めます。この偶像はキリストのように見えるのですが、ちょっと違います。まず十字架に磔になってないということ。次に体を矢で射ぬかれているということです。体を矢で射ぬかれるイメージなのはキリストではなくセバスティアヌスです。セバスティアヌスはキリスト教信者であったために、異教徒から矢を浴びることになります。

キャリーは母親から「悪魔の力」といわれた念動作用(テレキネシス)によって、キッチンにある包丁で母親の腕を壁に固定して、さらに胴体にパレットナイフなど5本の凶器を身体に突き刺します。凶器が突き刺さったキャリーの母親の姿はまさしく小部屋の偶像そのものです。

キャリーはキリスト教徒である母親から普通の女の子になることを拒否されました。初潮がくると罪を犯したからだと責められ、男の子と遊びにも行けません。だから、キャリーはキリスト教徒であるために処罰された聖セバスティアヌスと同じように、母親を殺害したのではないでしょうか。しかも、神の敵とされる「悪魔の力」によって。このシーンは残酷ですが、崇高でもあります。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ピノキオになれない少年



人工知能をもったロボットが登場する映画は、かなり多いですよね。僕が知っている一番古いロボット映画は1927年の『メトロポリス』なので、想像もできないくらいの量になりそうです。

ロボットの姿かたちもさまざまです。『メトロポリス』のマリアのように人間型だけど金属製だったり、『2001年宇宙の旅』のような人間の形をしていなかったりするものもあります。『A.I.』の場合、見た目は普通の可愛い少年です。

ある夫婦のもとに、デイビッドという名前のロボットがやってきます。見た目は人間の少年ですが、表情がないし動きが不自然なので怖いです。しかし、次第にそのロボットに愛着を持ち始めた女性は、自分を母親として愛するように設定します。デイビッドは人格をもち、愛されたいと望みます。

同じようなプロットの映画で『アンドリューNDR114』があります。主人公は『A.I.』と同じでロボットで、名前はアンドリューです。人間の家族の元に仕えていているアンドリューはその家の女の子に恋をして、一緒に年をとって死にたいと望みます。

ロボットには何も罪がないのに、人間から迫害を受けるのを見るのは辛いです。『アンドリューNDR114』は楽しく見たい映画ですが、『A.I.』は違います。これでもかというくらいに、ロボットに対する迫害が残酷です。そのためにエンディングの穏やかな1日が際立って美しく見えます。幸せだけれど悲しい最後に悲しくなりました。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

忘れられない人



バイオリニストの男はバイオリンを破壊されてしまいます。しかも妻によって。思い出が詰まったバイオリンを壊されたので、男は死ぬことに決めました。「バイオリンを壊されたくらいで、なんて弱い人間なんだろう…」と思いますよね。

しかし、その弱さが良いんですね。死ぬことを決めたのは良いのだけれど、痛いのは嫌。ピストルで脳天を撃つ、崖から飛び降りるなどの死に方を想像しては断念します。もう死ぬことに決めたし、どうしようかと悩む。その死を自分のものにするまでのコミカルな描写がたまらなく好きでした。

そしてバイオリンに詰まった思い出の女性が美しすぎですね。もう夢か現かというくらい。結局、その女性との恋はあきらめなければいけませんでした。ですが、バイオリンを弾くことで思い出の女性と再会をしています。その美しい夢が破壊されたわけですから、生きている価値がなくなってしまうのも分かるような気がします。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。