FC2ブログ
 

週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

私たちの知らなかったお母さん



人間だもの他人がどう思っているのか気になりますよね。最近髪の毛を切ってもらったのですが、誰かが僕の頭を見ながらヒソヒソ話していると心配になります。「なに、あの髪型ウケるんですけどー」なんて言われていたらどうしよう。他人のことは気にするなと言われても気になります。考えてみると、家族にも自分はどう思われているのか気になるかもしれません。一番近くにいる他人だからでしょうか。

いや、むしろ自分のことをよく知っている人だからだと思います。反対はどうでしょう。家族は、特に両親は僕のことをよく知っているかもしれないけど、僕は家族のことをあまりよく知りません。一番近くにいて長く時間を過ごしているはずなのに。10代のときは何も知らなかった自分が恥ずかしかったり、悲しかったりしました。

でも『いつか眠りにつく前に』で、メリル・ストリープ演じるライラおばあちゃんがこう言っています。家族であってもすべては知ることができない。人間は謎めいた生物よ。

すべてを知っていると思い込んでいるから、辛くなるんですよね。知らない部分が多くあるのは当たり前のこと。すべてを知ることができないのだと分かると、映画の登場人物のように気持ちが軽くなりました。陰鬱なシーンが多い映画ですが、それでも根底には愛があふれています。家族のことがよく分からなくなってしまったときに見てもらいたい作品です。

それでは良い週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

凡人の苦悩



アメリカでは目の大きな子供が描かれた絵画が大流行しました。その目の大きさは尋常じゃありません。まるで日本の少女漫画ほどの大きさです。大きな瞳を描いたのはマーガレット・キーン。しかし、誰もマーガレットが描いたとは思っていませんでした。マーガレットの夫ウォルター・キーンが作者として新聞やテレビに取り上げられたからです。

黒柳徹子ヘアの巨大おばあちゃんのようにウォルターはマーガレットから名前を奪い、マーガレットの絵を自分のものにしてしまいます。なぜこんなことになったのでしょう。この問いが『ビック・アイズ』の面白味の一つです。理由は3つあると思うのですが、全部言ってしまうと映画を見る楽しみがなくなってしまうので1つだけ。

多くの人が毎日会社に出勤して、粉骨砕身してお給料をもらっていると思います。けれども、誰でも一度は創造的な仕事をしてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。認めなければ餓死という厳しい世界ですが、自分の能力が認められたら脚光を浴びることができます。かっこいいですよね。芸術家という職業はまさしく創造的な仕事で、芸術家として生計を立てることは僕も夢でした。

ウォルターは自分には絵の才能がないことを分かっているけれども、芸術家に対する憧れがあった。芸術家のように振る舞いたかったんですね。そのために、マーガレットにゴースト・ペインターになってもらうなんて馬鹿げていますよね。でも、僕自身も芸術家になることが夢であったりしたので、ただ笑ったり憎んだりすることができませんでした。

最近のディズニー作品のような男性から解放されていく女性を中心に描いていますが、芸術家に憧れる中身のない男の虚しさ・可笑しさ・苦悩を描いてもいるので、とても楽しめました。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。