FC2ブログ
 

週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

世界八番目の不思議



一昨日、無事卒業式を迎えることができました。今から思うと、充実した楽しい大学生生活でした。来週からは社会人として働かなくてはなりません。映画を好きな時間に好きなだけ見ることができない!映画について考える時間が少なくなる!もう学生でいられないのかと思うと、今から鬱状態です。そんな鬱気分も吹き飛ばす、いや踏み潰してくれるような作品を今日は紹介します。

日本国外には巨大生物がたくさん劇中に登場します。巨大アリ(『放射能X』)、巨大タコ(『水爆と深海の怪物』)、『タランチュラの襲撃』、『極地からの怪物 大カマキリの脅威』などなど枚挙に暇がありません。これらのモンスターは造形から動きまで、かなりリアリティがあります。リアリティはあるのですが、独創性はないです。独創性という点でいえば、同じ巨大生物でも日本の怪獣は素晴らしいですよ。口から放射熱線を放出したり、ぶっとい足で人や街を蹂躙したり、翼の羽ばたきで車が吹き飛んだりするのですから。独創的であり、かつ圧倒的な破壊力を有しています。

そんな独創的な怪獣の元祖が『キング・コング』です。コングはただゴリラを巨大化しただけではありません。日本の怪獣に通ずる独創性と破壊力がきちんと描かれています。ゴジラが何らかの意志をもって東京を焼き払ったように、コングも意志をもって髑髏島(スカル・アイランド)やニューヨークで暴れ回ります。その意志とはゴジラと同様にさまざまに解釈できます。白人ブロンド女性アンに対する恋であったり、白人に虐げられる黒人の怒りであったり…。しかも、このコングの意志を強調し過ぎていない所が1933年版の良いところです。キング・コングは2005年にもリメイクされていますが、2005年版はコングの意志が鬱陶しいほど強調しています。ほぼ人間のようです。しかもコングがアンとの恋を成就させてしまい、コングに対する恐怖が激減してしまっています。その点、1933年版のアンはコングをずっと恐れ、叫び続けているので、コングが恐ろしい怪獣であることが強調されています。それに、愛するアンのために、ブロントサウルスや翼竜と闘ったのに、最後までアンの寵愛を受けないというのも悲しくてカッコ良い!

そして技術面の話を少しだけすると、実はこのコングは人形で出来ています。最近だとティム・バートンの『フランケンウィニー』のように、人形を少しずつ動かして、人間が動いているように見せるストップモーション・アニメという技術を用いています。この技術はウィリス・オブライエンによって発展し、『ロスト・ワールド』そして『キング・コング』と使われました。ストップモーション・アニメが生まれて間もないころの作品なのに、コングの動きは自然で、人間と同じ画面に映っていても違和感がありません。画面は白黒ではありますが、技術の未熟さを感じさせないウィリス・オブライエンの技術、素晴らしい!モンスターの多いアメリカで、オリジナル作品では恐らく唯一の怪獣キング・コングを堪能してください。

それでは良い週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この素晴らしき世界





1996年に発生した謎のウィルスにより、全人類の約99パーセントは死滅した。そして2035年、地下に住んでいた人間たちはその原因を探るため、一人の囚人を過去へと送り出す。糸口はたったひとつ、“12モンキーズ”という謎の言葉のみ。しかし主人公コールが送られたのは事件が起きる6年前、1990年だったのである。彼はそこで精神病院に入れられてしまい、謎の男ジェフリーに出会うのだが……。


allcinema 12モンキーズ』(1995)【解説】より―



2035年、ちょうど今から20年後、全人類の約99%が死滅する。ということは、『バイオハザード』シリーズ並みの人類死滅率でしょうか。ただ、『12モンキーズ』には頭がぱっかーんと割れてしまうような特殊ゾンビを含めゾンビは登場しません。そういった生々しい描写は排除されていますが、陰鬱な地下生活と廃墟と化した地上世界によってウィルスの恐怖が視覚的に知覚的に感じられます。主人公コール(ブルース・ウィリス)のいる空間は檻に囲まれ、檻の外も全体的に錆びた金属のような色合いの空間です。そして地上は真っ暗で、生気を感じません。見ているだけで、呼吸がしにくくなるような鬱屈した気分になります。

 

この死のウィルスによって汚染された地球を何とかするために、コールがタイム・トラベルします。そのためのタイムマシンは技術が未発達なので、とんでもない時代・場所・恰好で過去に行くことになります。でも、ドラえもんのタイムマシンが22世紀に完成するのですから、これくらいの完成度でしょうね(笑)コールが行った時代とコールがその時代で残してしまった爪痕は主軸のミステリーを解き明かすクルーになるので、どのシーンも注意して観ておきたいです。点と点が線で繋がった時の快感はたまらないですよ。

 

ここからネタバレ有りで感想を書きます。未見の方は、ご覧になってから続きをお読みください。

 

 

映画のエンド・クレジットで僕は「えっ?」と思いました。なんで、ルイ・アームストロングのWhat a Wonderful Worldなのだろう…。だって、結局コールはウィルスの拡散を防ぐことはできず、人類は死滅するんです。それなのに、色鮮やかに輝く世界への賛美が最後に歌われる。皮肉ともブラック・ジョークとも受け取れます。しかし、コールの視点で見ればどうでしょうか。コールはウィルスの蔓延した「死の世界」で生きることに嫌気がさしていました。アームストロングが歌っている「生の世界」で生涯を終えたいと望むのは当然です。「生の世界」とは、子供たちが笑い、鳥、虫、獣、草木花の溢れる世界。コールはこの世界に対する賛美を胸に息絶えていったとしたら、What a Wonderful Worldの選曲はピッタリなのでは?

そう楽観的に考えると、これはこれでコールさん幸せだったのかもと思えるようになりました。観終わった直後は、なんて後味の悪い映画なんだろうと思いましたが…。視点を変えれば様々に解釈できる映画なので、とても楽しめました。

 

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。