週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

待ち望んでいた心の癒し



僕はディズニー映画が大好きです。『白雪姫』、『ピノキオ』、『美女と野獣』は特に好きで、見るたびに胸が躍ります。この『ウォルト・ディズニーの約束』は『メリー・ポピンズ』という小説を映画化するまでの物語を描いています。しかし、ディズニー映画が大好きなのに『メリー・ポピンズ』という映画をみたことが無かったのです。なので、『ウォルト・ディズニーの約束』を見る前に『メリー・ポピンズ』を見ました。

『メリー・ポピンズ』は1964年に公開されたディズニーの実写ミュージカル作品。風に乗ってメリー・ポピンズという不思議な家庭教師がある一家のもとにやってきて、その家族をいい方向へと変えます。その家のお父さんは厳格な性格の銀行家で、仕事が忙しく子供たちの世話をまったくしません。まるで『クレイマー、クレイマー』や『ライアーライアー』の父親たちと同じです。しかしこの二つの映画の父親たちは子供の面倒をみないことで奥さんから責められますが、『メリー・ポピンズ』の父親は誰からも非難されません。むしろ父親をかばう発言が見られるくらいです。家族の世話をしようとしない父親が非難されない理由が『ウォルト・ディズニーの約束』で描かれていました。

『メリー・ポピンズ』の原作者P・L・トラヴァースは『メリー・ポピンズ』の映画化を極度に嫌がっていました。なぜかというと、『メリー・ポピンズ』は彼女の家族を描いたもので、彼女が周囲から心をとざした原因が彼女の家族にあったから。しかし、家族の世話をしない『メリー・ポピンズ』の父親を誰も非難しない理由が彼女の過去と結びついていくとともにトラヴァースの心は癒されていきます。『ウォルト・ディズニーの約束』を楽しく見るためにも『メリー・ポピンズ』を見ることをお勧めします。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。