週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

鳥の恐怖と人間の狂気



ヒッチコックが監督したのは鳥が人間を襲うという映画です。この作品でヒロインを演じているブロンド女性は『マーニー』で母親に対してコンプレックスがある女性を演じたティッピ・ヘドレンです。ヒッチコックの女性たちは勝気で、気品があふれており魅力を感じます。

主人公メラニーは自由気ままに暮らす社長令嬢です。彼女は鳥類専門店で出会った男ミッチーに興味をもち、彼の後を追います。突然ミッチーの目の前に現れて、驚かせようとしたとき、一羽のカモメが彼女の頭をつつきます。メラニーの額から滴る血。この出来事が惨劇の始まりでした。

この映画ではおぞましいほど多くのカラスが登場します。特にジャングルジムのシーンは怖いです。今度カラスを目にすることがあれば、もう怖くてそーっと逃げ出してしまうかもしれません。トラウマになること間違いなしです。

こういうジャンルの映画って女性の怖がり方、叫び方が映画を盛り上げます。 例えば1933年の『キング・コング』のコングが目の前に出てきたときのアンの叫び声。あの叫び声や身体をよじらせる演技は素晴らしいです。私たち観客のコングに対する恐怖心を高めています。メラニーを始めミッチーの妹や母親といった女優たちの演技はかなり良いです。鳥の襲撃に対して極度におびえる様子は、鳥に対する恐怖心をあおる以上に人間の狂気を感じて恐ろしくなります。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。