FC2ブログ
 

週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

なぜ母親を殺したのか



映画の主人公キャリーは学校でいじめを受けている女子高校生です。血の繋がっている唯一の母親は聖書を手にキャリーを迫害します。どこにも居場所がありません。かなり悲惨です。そんなキャリーは超能力を使って母親の身体を包丁などで7か所も突き刺します。なぜ、そんな残虐なことをしたのでしょう。

まずキャリーの母親は聖書の通りに生きようとするコワイ人です。キャリーを罰するときに、母親は偶像のある部屋にキャリーを閉じ込めます。この偶像はキリストのように見えるのですが、ちょっと違います。まず十字架に磔になってないということ。次に体を矢で射ぬかれているということです。体を矢で射ぬかれるイメージなのはキリストではなくセバスティアヌスです。セバスティアヌスはキリスト教信者であったために、異教徒から矢を浴びることになります。

キャリーは母親から「悪魔の力」といわれた念動作用(テレキネシス)によって、キッチンにある包丁で母親の腕を壁に固定して、さらに胴体にパレットナイフなど5本の凶器を身体に突き刺します。凶器が突き刺さったキャリーの母親の姿はまさしく小部屋の偶像そのものです。

キャリーはキリスト教徒である母親から普通の女の子になることを拒否されました。初潮がくると罪を犯したからだと責められ、男の子と遊びにも行けません。だから、キャリーはキリスト教徒であるために処罰された聖セバスティアヌスと同じように、母親を殺害したのではないでしょうか。しかも、神の敵とされる「悪魔の力」によって。このシーンは残酷ですが、崇高でもあります。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは~♪

なるほど!
それにはまったく気づきませんでした!
はなはだ勉強不足でして、
てっきりキリストの磔を模したのだと思ってました。

人の感想を読むのって楽しいですよね!
勉強になります!

スパイクロッド | URL | 2014-10-20 (Mon) 23:45 [編集 ]


Re: こんばんは~♪

『A.I.』に引き続き、コメントありがとうございます!!

スパイクロッドさんにそう言っていただけると、
嬉しいです\(^o^)/

いつも勉強させてもらうことが多いので、僕の着眼点を
褒めていただけると、本当に励みになります☆

ジョルジュ | URL | 2014-10-21 (Tue) 09:54 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。