FC2ブログ
 

週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

刹那的な恋



3週間ぶりの更新となってしまい、申し訳ありません。実は、卒論の執筆でブログの更新ができませんでした。テーマが「怪獣の恐さについて」だったので、『キング・コング』(1933)から『GODZILLA ゴジラ』までの怪獣映画・ドラマを見て研究しておりました。とても楽しかったのですが、提出時刻ギリギリまで執筆が終わらず、卒業できなかったらどうしようかと恐ろしかったです。今はもう提出も終わり、今週からブログの更新をしていきます。どうぞよろしくお願いします。

今週の映画は『伏 鉄砲娘の捕物帳』です。「伏」とは人間と犬との間に生まれた生き物。『おおかみこどもの雨と雪』のように、人間になったり獣になったりします。『伏~』も『おおかみこども~』も普段は人間の姿で、人間と同じように生きています。しかし『伏~』は人の魂を奪い食べてしまう「化け物」です。人間と同じような食生活を送り、人間を殺さない『おおかみこども~』とは違いますね。

人の魂を食らう「化け物」ですから、人間は伏を退治することに抵抗がありません。殺された伏は、さらし首になります。そんな伏を好きになってしまうのが人間の少女です。人間と「化け物」との恋は『シザーハンズ』、『ファントム・オブ・パラダイス』、『トワイライト』、『ウォームボディーズ』でも描かれていますね。どれも人間と「化け物」との差は大きく、己が「化け物」であることに悩み苦しみます。

特に『トワイライト』の「化け物」は吸血鬼であり、生き血を吸わないと死んでしまいます。恋してしまったのが人間の少女なので、常に彼女の血を渇望している状態です。『伏~』も『トワイライト』も人間の生を奪って喉の渇きを潤さなければならない。それなのに、人間の少女を好きになってしまった。命の危険がある恋だからこそ、刹那的で悲しく、刺激的で面白いです。

それでは良い週末をお過ごしください。


拍手、コメントしてくださると嬉しいです。よろしくお願いします\(^^)/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。