週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

頑張れ、ゴジラ!!



僕は平成生まれですが、平成ゴジラシリーズは全13作品中の6本しか見ていません。対する、昭和ゴジラシリーズ(全15作品)はすべて見ています。どちらのシリーズも面白いですが、僕は試行錯誤の跡が見える昭和ゴジラシリーズが好きです。

昭和ゴジラシリーズは初代『ゴジラ』を除けば、ゴジラが自分の意志で人間を襲うことがありません。人類の敵からヒーローになるからです。ゴジラは人間を守るために、怪獣と闘ってくれます(いわゆる怪獣プロレス)。しかし、ゴジラの対戦相手のほとんどは人類の敵というほど人間を殺したりはしないのです。白は黒が濃ければ濃いほど、その白さが際立ちます。ゴジラという善は凶暴な敵怪獣という悪によって際立つのです。『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』のように、一郎くんの夢の中で怪獣たちが髑髏島ならぬ怪獣島で牧歌的な戦いを繰り広げるだけでは、僕としては「頑張れ、ゴジラ!!」となりません。

しかし、『ゴジラ対ヘドラ』においてはそうではありません。そもそも、ヘドラとはドロドロのヘドロから生まれた公害怪獣です。今までの怪獣は生き物でしたが、ヘドラはヘドロの塊。家の近くの溝に漂うヘドロが生き物のように歩いたりしたら、気持ちが悪いですよね。ゴジラはヘドラをつかんでブンブン振り回すと、ヘドラの体の一部であるヘドロが飛び散ります。飛び散ったヘドロは勝手に動き、部屋にいた男たちを生き埋めにしてしまいます。この場面はかなりショッキングです。その後も、ヘドラは人間を殺しまくります。まだまだ見たことのある怪獣作品は少ないですが、こんな気持ち悪くて、恐ろしい怪獣は今まで見たことがありません。夜中に見たのですが、観おわった後は布団の中で寒さと恐怖でブルブル震えてました。僕が初めて「頑張れ、ゴジラ!!絶対に倒してくれ」と思えた昭和ゴジラです。

それでは良い週末をお過ごしください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

実は私の初めてのゴジラ映画はコレでした(5歳の時に東宝チャンピオン祭りで見ました)と、言うより映画館デビューの作品とも言えるので思い入れは強いです(^_^;)

子供の頃はひたすらヘドラが汚い、怖いという印象しか残らなかったんですが、この映画は大人になってから見た方がおもしろさがわかりました。

コレを劇場でご覧になったのは羨ましいです。

しろくろshow | URL | 2015-01-20 (Tue) 22:22 [編集 ]


Re: タイトルなし

しろくろさん、コメントありがとうございます!
いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

僕は残念ながら劇場ではなく、DVDで見ました。なので、東宝チャンピオン祭り!で見ることが出来たなんて、純粋に羨ましいです。しかも5歳で見られたとのこと。この映画は今だったらR指定が入るレベル(だと僕は思います)で、5歳の男の子が見ちゃいけないですよ(・_・;
すごい映画館デビューでしたね!

怪獣は世の中を反映しているものが多いですが、特にヘドラは子供向けでありながら、大人が見てゾッとする描写が多いですよね。特にアニメーションやカメラ目線でヘドラの恐怖を訴える民衆たちの姿、ゴジラに対する作文。

今では考えられないことが昭和ゴジラには盛り込まれているので、平成生まれの僕としては楽しいです。

ジョルジュ | URL | 2015-01-20 (Tue) 23:30 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。