週末に見たい1本の映画

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

白黒サイレント映画の魅力



最近の映画で使われているCGはCGだと思えないくらい自然になってきましたね。『2001年宇宙の旅』では人間が猿の着ぐるみに入って猿の演技をしていましたが、もうその必要はありません。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』では猿たちにリアリティがあり過ぎて、怖いくらいでした。アライグマがマシンガンをぶっ放すシーンだって、CGを使えば映像化できてしまいます。すごい時代ですよね。ほぼ何でも再現できてしまうのですから。ただ何でも再現が出来てしまって、見る側の想像力を必要としなくなったというのは悲しいですが…。

こんな時代にCGを使わない白黒サイレント映画を作ったのが『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスです。CGに物足りなさを感じていたときだったので、『アーティスト』のアナログな楽しさに大満足でした。言葉を発しないからこそ、役者さんの動きや表情が際立ちます。たとえば、主演男優のチャーミングな笑顔、彼の恋人となる女性の可笑しなダンスですね。「鮮明な」あるいは「美しすぎる」装飾を取り除くと、こんなにも役者の魅力が活かされ、ウィットに富んだロマンチックな映画になるということに新鮮な感動を味わいました。

『アーティスト』はサイレントからトーキーに変わるハリウッドを舞台にしています。サイレントからトーキーという過渡期を舞台にした映画としては『雨に唄えば』が有名ですよね。メイン・ストーリーは『スタア誕生』をオマージュしています。『雨に唄えば』や『スタア誕生』の他にも多くの名作をオマージュしています。たくさんの映画を見ている方の中には、このオマージュが多すぎて鬱陶しいと感じるようです。しかし、僕のように本数を見ていない者にとっては1920年代から50年代にかけての、いわゆる「映画が素晴らしかった頃」の雰囲気を感じられてウットリします。

それでは良い週末をお過ごしください。


拍手、コメントしてくださると嬉しいです。よろしくお願いします\(^^)/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

同感!

ジョルジュさんのレビュー 、そうそう!そうなのー!と激しくうなづいてしまいました。
この映画、想像力を嫌が応にもかきたたせられて、とても楽しめました。観る側に考えさせるつくりって、実は大切ですよね。
主演の役者さんも本当にチャーミングだったし、大満足な一本でした♪

Ihuru | URL | 2015-02-10 (Tue) 21:22 [編集 ]


Re: 同感!

Ihuruさん、コメントありがとうございます!

映画を「観る側に考えさせるつくり」はIhuruさんの言うとおり、僕も重要だと思います。映画は小説のように、説明的だと面白くありません。役者に映画の面白味の全てをセリフで言わせるのではなく、映像で表現してこその映画ですよね。『アーティスト』の場合は音を無くすことによって、さらに想像力を楽しく働かせることができました。

ジョルジュ | URL | 2015-02-12 (Thu) 10:58 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。